story

ストーリー(story)

Story 


eim1.jpg

幼いの頃 週末になるとよく

河川敷の牧場に連れて行ってもらった

フィードロットには十数頭の馬が飼育してあり

小さい身体から見上げると

そこにある大きな優しい目

その景色を今でも良く覚えている。



実家は地元の精肉店を営み

ショウウインドウの隅には

瓶に詰められた馬油が置いてある

祖父が作ったものだ

よく学校から帰ると手伝いをした

鍋に温められた油を

ゆっくりと丁寧に冷やしながら

一つ一つ瓶に詰めていく

当時は火傷や傷などに良いと

地元では評判だった

まだ当時は馬油が何なのか、何で祖父の馬油が

周りから愛されるのかなどは考えたこともなかった

ただあの優しい手だけはよく覚えている

思い返せば馬油に関わるきっかけとなったのはこの頃



馬と真剣に向き合う事となったのは22

カナダアルバータ州

カルガリーからバスで3時間ほど

揺られた所にその牧場はある

地平線まで広がる大地には

自由に走り回る馬の姿がある

頭数は90,000

当時(おそらく今でも)

世界で最も大きい

馬の牧場と工場


ここが第2の故郷

馬の品種、生態系や病気

出産から成長、飼育

屠殺、精肉、輸出に至るまで

全てはここで学んだ



二年目も半年が過ぎた頃 帰国

実家の精肉店を手伝いながら

馬油をもっと多くの人に

知ってもらいたい、愛してもらいたいと

化粧品として製造を始めた


北海道に馬の競りで訪れた折

カナダとよく似た

この大きな自然豊かな大地で

今出来る事があると確信した

いつも油まみれ

今も油まみれ



2010年札幌で起業

生涯、馬だけしか知らない

だから

知識と経験は誰にも負けられない

負けてはいけない

祖父の作った思い出の馬油を

唯一無二のものに

世代を超えて受け継がれる唯一の伝統

それがmunimayu(無二馬油)の始まり

  • 2020.03.15
  • 18:49

商品カテゴリ

muni corporation

    

定休日 カレンダー
  • 今日
  • 定休日

2020年4月30日まで
10th Anniversary報恩企画を
開催中

ページトップへ